千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

無銘 法華

南北朝時代

貞治頃

備後国

Hokke

 備後国の法華(ほっけ)派と極められた無銘の短刀。法華は備後国府のあった葦田郡に住し、古三原と並ぶ古鍛冶で、四尺七寸弱の大太刀のある行吉(厳島神社蔵 重要文化財)、貞治六年紀の脇差のある重家、応安二年紀の脇差、薙刀直し刀のある兼安などがおり、室町初期応永に活躍した法華一乗に因んで法華の呼称がある。
無銘 法華
無銘 法華