千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

無銘 下原康重 金象嵌銘 竹の一露

桃山時代

天正

武蔵国

Yasushige

 下原鍛冶は、樹木の年輪のように肌目を強く際立たせた地鉄鍛えを特徴とし、その強靭な鉄質から鉄兜や鉄具足などへの攻撃を目的とした。康重のこの刀も元先の身幅が極端に広く、鎬筋が高い割りに刃寄りの肉を削いで刃先を鋭く、棟寄りの肉も削いで刃の抜けを良くしている。堅物切りだけでなく骨肉をも截断する刃味の追求が為されたものであることが、試刀により切れ味が確かめられ茎に「竹の一露」の号が金象嵌されている。
無銘 下原康重 金象嵌銘 竹の一露
無銘 下原康重 金象嵌銘 竹の一露