千里眼.png

桐紋陰蒔絵切糸塗込鞘打刀拵 秋草図揃金具 縁頭 守邨厚隆(花押)

江戸時代後期

-

武蔵国

Atsutaka (Fuchigashira)

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

 反りの高い古刀を収めるに適した姿格好の打刀拵。黒漆塗の鞘は三厘程に刻んだ極めて細い繊維を全面に塗り込んだもので、光を受けてその繊維が淡い光彩を放って洒落た感があり、これを下地として鞘全面に五三桐紋が陰に描かれている。総金具を製作した守邨厚隆は兵造と称し後藤宗家十五代光美の門人で、後藤流の華やかな作風を伝え、しかも繊細緻密な作品を遺しており、殊に牡丹図に優作が見られる。
桐紋陰蒔絵切糸塗込鞘打刀拵 秋草図揃金具 縁頭 守邨厚隆(花押)

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード