千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

抱柏葉紋金具印籠刻金梨子地塗鞘合口短刀拵 小柄笄目貫三所物 銘 石黒政近(花押)

江戸時代後期

-

武蔵国江戸下谷

Masachika

 間隔の揃った印籠刻みに、細かな金梨子地塗とされて落ち着きが感じられる拵。銀金具は、繊細で緻密な唐草文を全面に切り施したもので光沢があり、金梨子地との調和も美観の要。出鮫柄に装着されている目釘仕立ての目貫と、小柄、笄の三所物は石黒政近の在銘作。政近は幕末期の石黒政常門流の一人。石黒家伝統の赤銅魚子地高彫金銀色絵の彫法による精密な描写の他、大名家の需に応じた家紋の彫刻を得意とした。
抱柏葉紋金具印籠刻金梨子地塗鞘合口短刀拵 小柄笄目貫三所物 銘 石黒政近(花押)
抱柏葉紋金具印籠刻金梨子地塗鞘合口短刀拵 小柄笄目貫三所物 銘 石黒政近(花押)