千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

短刀

太阿月山源貞一作(花押)  昭和五十四年八月吉日

昭和

昭和五十四年

奈良県

Sadakazu

 月山貞一刀匠は、祖父貞一や父貞勝の作刀技術を受け継ぎ、大正十四年十八歳にしてすでに《後鳥羽天皇七百年祭奉賀賛太刀》を製作するほどに高い技術を示している。大戦後の昭和二十四年には《伊勢神宮式年遷宮》の太刀を謹製、家伝の刀身彫刻にも優れ、昭和三十一年の作刀技術発表会より優秀賞や特賞を連続受賞、昭和四十四年に正宗賞を受賞して無鑑査刀匠に認定され、昭和四十六年に重要無形文化財の指定を受ける。
太阿月山源貞一作(花押)  昭和五十四年八月吉日
太阿月山源貞一作(花押)  昭和五十四年八月吉日