千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

大磨上無銘 金高

室町時代後期

永禄

美濃国

Kanetaka

 室町後期永禄頃の美濃金高と極められて鑑定書が付された脇差。たっぷりとした身幅、掻き通しの棒樋、鋒が大きく延びた風格ある姿は、南北朝期の古名刀の大磨上を想起させる。細かな横鑢が丁寧に掛けられた茎には朱銘の痕跡が窺え、「志津」等の極めがあったものと思われる。
大磨上無銘 金高
大磨上無銘 金高