千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

大磨上無銘 石州貞綱

南北朝時代

永和

石見国

Sadatsuna

 五寸以上の大磨上とされて扱い易い寸法に仕立て直された、元来は二尺八寸ほどの大太刀。名鋼出羽鋼の産地として遍く知られる石見国邑智の出で、後に同国の高津に移住した貞綱の作と極められている。初代貞綱は、相州伝の影響を受けて正宗十哲にも数えられている直綱の子で、時代の潮流でもある相州風を基礎に備前からも少なからず影響を受けているのであろう、父に似た焼頭に丸みのある互の目の刃文に特徴がある。
大磨上無銘 石州貞綱
大磨上無銘 石州貞綱