千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

大磨上無銘 石州貞綱

南北朝時代

正平頃

岩見国

Sadatsuna (Seki-shu)

 貞綱は正宗十哲の伝説が残されている直綱の子で、良鋼出羽鉄の産地として遍く知られる石見国出羽(現島根県邑智郡邑南町)の刀工。正平頃の初代、南北朝末期の明徳頃の二代、応永の三代と続き、その末流は同国の長浜に移っている。時代の潮流でもある相州風を基礎とし、また備前からも少なからず影響を受けているのであろう、互の目乱に沸の付く作風を専らとしている。
大磨上無銘 石州貞綱
大磨上無銘 石州貞綱