千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

大磨上無銘 法華

南北朝時代

貞治

備後国

Hokke

 葦田鍛冶は葦田郡の有力武将杉原氏の需に応え、四尺七寸弱の大太刀のある行吉(厳島神社蔵 重要文化財)、貞治六年紀の脇差のある重家、応安二年紀の脇差、薙刀直し刀のある兼安などがいる。彼らは、応永頃に一躍名を成した法華一乗に因み、法華派と呼ばれている。
 本作は備前長舩元重に酷似し、在銘、無銘を問わず、法華の作中の最右翼と称すべき抜群の仕上がり。
大磨上無銘 法華
大磨上無銘 法華