千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

大磨上無銘 末左

南北朝時代

応安頃

筑前国

Sue-Sa

  南北朝初期~中期。筑前国。正宗の弟子と伝えられる工の一人。元来は寸法が長く身幅が広い大太刀で、多くが磨上げられて無銘となった。在銘の太刀は一振が認められているのみ。ただし短刀の在銘作は多い。良く詰んだ板目鍛えの地鉄に、湾れ刃を基調とした沸出来の互の目乱れ。鋒部分は焼刃が湾れて先突き上げて尖って返る「左の捌き頭」と呼ばれる帽子が見どころ。
大磨上無銘 末左
大磨上無銘 末左