top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

大磨上無銘 当麻

南北朝時代

(南北朝時代前期)

大和国

Taima

 奈良西南の二上山麓に位置する当麻寺は伊勢から摂津への街道筋にあり、加えて二上山は工業に関わりのある金剛砂(研磨剤)が産出し、古代には相撲の祖当麻蹴速の活躍でも知られているように、この辺りは産業においても軍事面においても要所。ここに栄えた当麻派の初祖は鎌倉末期国行で、以降友清、友行、友長、国清等の工名が知られているものの在銘作は極めて少ない。
大磨上無銘 当麻
youtube_rogo.png
大磨上無銘 当麻
bottom of page