千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

大磨上無銘 宇多国房

室町時代初期

応永

脇差

Kunifusa

 宇多派は鎌倉末期に大和国宇陀郡から移住した古入道国光に始まり、国房、国宗などの優工を輩出し、南北朝から室町期に亘って大いに栄えた。同派は、柾がかる板目鍛えの地鉄に沸出来乱刃の、大和伝に相州伝を加味した地刃の作を遺しており、国房は応永頃に活躍した優工の一人である。
大磨上無銘 宇多国房
大磨上無銘 宇多国房