千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

脇差

大磨上無銘 吉岡一文字

鎌倉時代後期

嘉暦頃

吉岡一文字

Yoshioka Ichimonji

 本阿弥光忠が吉岡一文字と極め、代五百貫の折紙を附した大磨上無銘の打刀。吉岡とは、現在の岡山県赤磐郡瀬戸町鍛冶屋(注②)を中心とする一帯で、福岡一文字則宗らの発祥の地。助吉、助光、助重、助義などが鎌倉時代後期から南北朝初期に亘って栄えたが、その余りにも進化した複雑な焼き入れ方法は、子孫さえ継承し得なかったほどに高度なものであった。
大磨上無銘 吉岡一文字
大磨上無銘 吉岡一文字