top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

太刀&拵

大磨上無銘 古宇多

南北朝時代

-

越中国

Ko Uda

 室町時代中期の北陸で最も栄えた宇多派の祖は、鎌倉末期の文保頃に大和国宇陀郡より越中国宇津に移住した古入道國光で、門流の鍛冶は祖国の地名を冠して宇多と称した。国光の子に国房と国宗があり、一門の中でも殊に国房の技量が高く、南北朝時代の宇多派の中心的な鍛冶であったことが遺作より証されている。
大磨上無銘 古宇多
youtube_rogo.png
大磨上無銘 古宇多
bottom of page