千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

大磨上無銘 千代鶴守弘

南北朝時代

至徳頃

越前国

Morihiro(Chiyozuru)

 國安は来國俊の弟國末の孫と伝え、越前に移住して一家を成した。これが越前来で、別名を童名に因んで千代鶴丸。守弘は國安の子で文和頃の工に始まり、至徳の二代、応永の三代と続いた。日本海に面して京にも程近い越前は戦略上の要衝の一つで、建武三年に覇権を巡って南朝の新田義貞と北朝の斯波高経が激突。守弘は両朝の勇士の狭間で懸命に鎚を振るった。
大磨上無銘 千代鶴守弘
大磨上無銘 千代鶴守弘