千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

脇差

大磨上無銘 兼延(志賀関)

室町時代後期

明応

美濃国-尾張国

Kanenobu(Shiga zeki)

 美濃国室屋関の流れを汲む工で、小山から尾張山田庄志賀(現名古屋市北区志賀町)に移住したことから志賀関と呼ばれている兼延と極められた豪壮な脇差。元来は寸法の長い薙刀で、江戸時代に磨り上げて脇差に仕立て直したもの。茎には磨り上げて銘を折り返した痕跡がある。
大磨上無銘 兼延(志賀関)
大磨上無銘 兼延(志賀関)