top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

大磨上無銘 兼先

桃山時代

(天正頃)

美濃国

Kanesaki

 戦国時代の関において栄え、後に各地に移住した兼先一門の作と極められた刀。元来は馬上から振り下ろすことを目的とした長寸の刀であったものを、手頃な寸法に仕立て直しており、これによって一段と操作性が高まったものと思われる。腰元で深く反ってしかも先反りが加わり、わずかに鎬が高い一方で刃先の肉が削がれて鋭さが増している。
大磨上無銘 兼先
youtube_rogo.png
大磨上無銘 兼先
bottom of page