千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

大磨上無銘 伯州広賀

室町時代後期

永禄頃

伯耆国

Hiroyoshi

 永禄、元亀、天正と、戦国期の伯耆国に栄えた広賀の特徴が良く現れている片手打ちの刀。元来は二尺三寸ほどの刀で、江戸時代末期に洋式調練に応じた寸法に仕立て直されたもの。相州鍛冶に学んで斎尾寺(現鳥取県東伯郡琴浦町)付近に鍛冶場を設けたことから道祖尾と名乗った広賀が初祖。後の永正頃の広廣賀に学んで見田派の初祖となったのが兵衛広賀と伝える。
大磨上無銘 伯州広賀
大磨上無銘 伯州広賀