千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

大小一腰

大刀 太刀 銘 隠岐国住人沖光作之 昭和丙辰年八月日

昭和

昭和

島根県

Okimitsu

 原沖光刀匠は寛と称し、父の初代沖光が興した包丁など打刃物業「隠岐沖光刃物」の二代目で、昭和三年の生まれ。子供の頃から父の傍らで鍛冶の手伝いをし、戦時中は陸軍の受命刀工に認定された父を補佐して刃味の良い軍刀を鍛造していた。その技術を受け継ぎ、戦後再び打刃物を製作する傍らで備前古作の再現を研究し、殊に長舩長光を想わせる互の目丁子出来を得意としている。
大刀 太刀 銘 隠岐国住人沖光作之 昭和丙辰年八月日
大刀 太刀 銘 隠岐国住人沖光作之 昭和丙辰年八月日