千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

変り塗堅木柄鞘合口拵

江戸時代

-

-

Kawari nuri katagi tsuka saya, aikuchi koshirae

 鞘は黒漆塗薄板に七筋の刻みが施された薄板が十五枚巻かれ、その間は飴色がかった竹模様塗の薄板が貼られて透漆仕上げとされ、漆黒と赤味の洒落た景色となる。つなぎから、元来収められていたのは八寸二分五厘程の短刀とみられ、身幅重ね尋常で、内反りがついた端正な姿。深い色合いの堅木柄に付された目貫は蝦蟇蛙。
変り塗堅木柄鞘合口拵
変り塗堅木柄鞘合口拵