千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

印籠刻茶石目地塗肥後拵

江戸時代

江戸

-

Higo Koshirae

 四分ほどの間隔で印籠刻みとした鞘は、茶石目地塗で渋い光沢があり、樋定規図笄と桐紋図小柄は重厚な赤銅地金色絵。小柄も印籠刻みとされており、鞘の構成線と調和している。鐔は神吉派の簡潔な意匠ながら大胆な透かしを施した作。目貫は鶴丸紋三双図赤銅容彫金色絵で、茶皺革包の縁に赤銅地波文に山道を切り施した頭を備えに、黒鮫皮着せに燻革で堅く巻締めている。
印籠刻茶石目地塗肥後拵
印籠刻茶石目地塗肥後拵