千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

短刀

備州長舩住兼光

鎌倉時代後期

嘉暦頃

備前国

Kanemitsu

 兼光は景光の子で、名工長光の孫。建武三年、足利尊氏が九州への途上で備前福岡に滞在した際に召し出されて太刀を鍛造し、重ねた鎧二領を截断する程の切れ味を示した。作刀生涯は鎌倉末期元亨から南北朝時代応安に至り、初期には父景光譲りの片落互の目の作、南北朝中期延文頃以降は相伝備前の沸を強調した浅い湾れ刃と作風が異なる。
備州長舩住兼光
備州長舩住兼光