千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

短刀

備前介宗次 慶応二年十一月日

江戸時代後期

慶応

武蔵国

Munetsugu

 「宗次」「奥州白川住宗次」「一専斎固山宗次造之」「固山宗次造之」他。固山惣兵衛家の出身。享和三年(1830)奥州白川の生れ。文政十三年から天保元年(1830)初めに江戸に出て、加藤綱俊に学ぶ。天保八年(1837)頃、伊勢国桑名藩抱え工となる。一文字や長船物に範をとった備前伝の他、兼元・兼定を想わせる美濃伝も得意とした。切れ味も抜群で、山田浅右衛門を初めとする試刀家の試し銘入りの刀も少なくない。
備前介宗次 慶応二年十一月日
備前介宗次 慶応二年十一月日