top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

桜花山鵲図小柄 銘 篤興

"Oka, Sanjaku" (Cherry blossoms and magpie) motif kozuka Signed Tokuoki

1000_1000.fw.png
  • Facebook Social Icon
  • 日本刀専門店 銀座長州屋
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの

Tokuoki

江戸時代後期 山城国京都
銀磨地片切彫
長さ:100mm 幅:14.5mm
特製桐箱入(池田隆雄箱書有)
龍獅堂外箱有
刀剣博物館展示品
特別保存刀装具鑑定書
Late Edo period Kyoto, Yamashiro province
Silver
Length: 100mm Width: 14.5mm
Hakogaki by Ikeda Takao
Extra bok by Ryushido
Tokubetsuhozon certificate by NBTHK

特別保存

350,000

円(税込)

小柄

801

 戸尻を笄の木瓜形のように変わった形に仕立てた銀地の小柄。丸みを帯びた桜花の形が篤興らしい。舞い散る花の中阿吽の表情で向かい合う二羽は夫婦であろうか。何かを語り合っている。中国では長寿を意味する瑞鳥とされる山鵲は長く美しい尾羽を持つ好画題。古来より絵画や工芸品、神社仏閣の彫刻に描かれてきた。しかしながら本作はそのような優美で華麗な花鳥図というより、自然の営みを切り取った瞬間の図のようである。片切彫りに毛彫を併用した描写は単純なようでいて、ごまかしの効かない高度な技術。また、構図に工夫が無ければ淋しい画面になってしまうだろう。異なる羽毛の描き分けや足の様子を見てほしい。鏨の傾け方、どこで膨らませてどこで締めるか。しなやかに柔らかく、鋭く、硬く、軽やかに敏捷に、自由闊達な鏨行きが冴え渡る。温厚な人柄で弟子の育成が何よりの楽しみだったという篤興の小さなものに向ける温かな眼差しが感じられる。
tokuyuki1.jpg
bottom of page