千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 應綿屋虎兵衛需 横山加賀介藤原祐永作之 備前国長船住人 天保四癸巳年二月日

江戸時代後期

天保四年

備前国

Sukenaga

 備前一文字伝の名手加賀介祐永が、岡山の豪商綿屋虎兵衛の特別の需に応えて鎚を振るった脇差。身幅広く腰反り高く中鋒の、鎌倉時代の太刀を縮小したような優美な姿で、無類に詰んだ小板目鍛えの地鉄は初霜のような地沸が微塵について澄み冴える。刃文は得意の互の目丁子乱刃。帽子は祐永らしい端正な小丸。腰元の焼出しは山裾の長い富士山刃とされている。
銘 應綿屋虎兵衛需 横山加賀介藤原祐永作之 備前国長船住人 天保四癸巳年二月日
銘 應綿屋虎兵衛需 横山加賀介藤原祐永作之 備前国長船住人 天保四癸巳年二月日