top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

短刀&拵

銘 包清 天文十一年三月廿五日東□□

室町時代後期

天文十一年

大和国

Kanekiyo

 東大寺輾害門前には包永を棟梁とする手掻(てがい)派の鍛冶場があり、包の字を冠した多くの優工を輩出して栄えた。中でも包清は、『日本刀銘鑑』によれば包永初代の子と伝える鎌倉後期嘉暦頃の工に始まり、南北朝期の応安、室町期の応永、永享、明応、大永、天文と続いている。しかし今日見る鎌倉後期から南北朝期の包清作の多くは大磨上無銘で、室町期の包清の在銘作もまた極めて少ない。
銘 包清 天文十一年三月廿五日東□□
youtube_rogo.png
銘 包清 天文十一年三月廿五日東□□
bottom of page