千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

花尽舞鶴金具鮫皮包柳茶色塗鞘脇差拵

江戸時代

-

-

”Hana”"Mai-zuru"kanagu,same-gawa tsutumi,yanagi-chai-iro nuri saya, wakizashi koshirae

 江戸時代、普段差し拵の装飾は、多様な素材を用いて新たな美観が追求された。鞘は鮫皮風の小模様な突起を生じさせた革と思われ、これを圧出風に仕立てて鞘を包み、華やかさを抑えた淡い柳茶色に塗り施している。縁頭と鐺は梅樹図朧銀地肉彫地透金色絵の擦り剥がしで、薄手の高彫は蝦夷金具などの様式を手本とした、江戸埋忠の手になる一作。唐花文図鐔は山銅魚子地に渋い色調の長﨑七宝象嵌。
花尽舞鶴金具鮫皮包柳茶色塗鞘脇差拵
花尽舞鶴金具鮫皮包柳茶色塗鞘脇差拵