帰雁図鐔 銘 玉心斎正蔭作

揃金具

 正蔭は清麿の高弟鈴木正雄、後に水心子正次にも学んだ幕末の刀工。同時代の刀工では信家鐔を写したものが多く、本作のような金工のみが備える精巧で精密な高彫象嵌を駆使した絵画風の作品を遺している刀工は極めて少ない。
江戸後期 
越後国高田
鉄地撫角形高彫象嵌打返耳
縦77mm 横71.5mm 切羽台4.2mm
特製落込桐箱入

保存

-

​円(消費税込)
tokuyuki1 (1).jpg