双牛透図鐔 無銘 雲州春田

揃金具

 甲冑師の流れを汲む春田(派の毎幹(つねまさ)と鑑せられる頑強な造り込みの鐔。折り返し鍛錬した質の良い鋼を肉高く彫り出し、量感豊かな牛を巴状に構成している。この図は古くからあり、古記内も題を得ている。鉄色黒々としており、焼手を施したものであろう、層状の鍛え肌が随所に現れて力強さが魅力となっている。
江戸中期 出雲国
鉄地変り形肉彫地透
縦68mm 横68mm 切羽台厚さ5mm
上製落込桐箱入

保存

-

​円(消費税込)
tokuyuki1 (1).jpg