94

正月図目貫 無銘 大月派

目貫

 お正月を祝う万歳と、根引の松、壽の文字が浮かぶ宝珠を組み合わせた、お目出度い図柄の目貫。江戸時代後期の京都に栄えた光興で遍く知られる大月派の作と極められている。金無垢地をふっくらと打ち出し、表から鏨を強く切り込むことにより、後藤家の作に言う「山高く谷深く」彫り出して立体的画面を生み出している。色金の処理は金無垢地の上に顔などの塑像を固着させる置金で、金の鮮やかさが際立つ描法。所々の平象嵌も鮮やか。

保存

180,000

​円(消費税込)
正月図目貫 無銘 大月派