牡丹文黒牙撥鏤金荘白牙柄刀子 吉原義人

その他

 正倉院に遺されている刀子は、貴族が階級などを示すために用いたと考えられる品位の高い装身具の一つ。穂先は二寸前後の細身とされたものが多い。朱や緑に染色した象牙の鞘の表面を削って植物や鳥などの雅な文様を浮かび上がらせた、撥鏤と呼ばれる装飾が特徴である。
 黒く染めた象牙の鞘に片切彫によって牡丹を唐草風に彫り描いた作。紅色の牡丹に鮮やかな緑の葉が印象的。意匠そのものは吉原義人刀匠のオリジナル。金具は総て金無垢地で色合いが鮮やかである。穂先は古作そのもので、腰元に唐草文が平象嵌されている。小板目鍛えに小沸出来の鮮やかな直刃が焼かれている。

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード