菊花透図鐔 無銘 神吉

江戸後期 肥後国
鉄地菊花丸形毛彫地透
縦77mm 横74.5mm 切羽台厚さ5.2mm
上製落込桐箱入

Kamiyoshi

 陰陽の透かしを組み合わせて菊花を表現した、優れた意匠構成の作。錆地や真鍮地など渋い調子の素材を的確に用いた肥後金工であったが、江戸時代後期に至ると、神吉深信や楽寿が均質に詰んだ地鉄の美観と、伝統的な意匠との絶妙の組み合わせを追求している。この鐔も鉄色黒々として光沢強く、葉脈のみ繊細な毛彫が加えられて図柄に動きが生じて味わいが格別。

保存

130,000

円(税込)

菊花透図鐔 無銘 神吉
菊花透図鐔 無銘 神吉