梅樹透図鐔 銘 行年八十一才忠重作

 江戸初期に京都から江戸に活躍の場を移し、伝統と歴史のある文様文化を江戸好みの洒落た造形へと変化させたのが赤坂鐔工。初、二、三代の古風な出来から、次第に新味を帯び、粋なる風情を漂わせる作へと進化した。江戸中期から後期にかけて、特に高い技術と感性を示して人気を高めたのが赤坂忠重。地鉄造りにも力を注いでおり、古風な素材の持ち味と優れた文様からなる透かしで多くの名作を遺している。この鐔は肥後金工林又七や西垣勘四郎が手本。流れるような曲線的構成に変化があって美しく、黒々とした鉄肌には鍛え目が浮かぶ。 
特別保存刀装具鑑定書 

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード