柳に鷺透図鐔 銘 忠時作(六代)

Tadatoki

 枝垂れた柳の古木の下に、鷺が小魚を求めて潜む。その様子を赤坂鐔工が意匠すると、このような洒落た透かしになる。地面には鍛え合わせた痕跡と穏やかな鉄骨による凹凸が現われ、透かしの切り口にも肌目が明瞭。特に耳には瘤状と筋状の鉄骨が連続し、鐔の強靭さを印象付けている。また肌目は陽の照り返しのように画面に動きを与えて魅力の一つとなっている。この忠時は赤坂の六代目。忠重に学んで赤坂鐔の魅力を拡大させた工。

保存

-

円(税込)

柳に鷺透図鐔 銘 忠時作(六代)
柳に鷺透図鐔 銘 忠時作(六代)