大鐘に童図鐔 無銘 松下亭派

Shokatei

 京の松下亭元廣一門の、海辺に遊ぶ童を心象的に描いた作。赤銅魚子地は粒が小さくしかも綺麗に揃っており、広大な海原と砂浜を暗示。浜辺には貝が散らばっているのどかな風景ながら、裏面に貝を拾う童を描いて自然の豊かな恵みのあり様を鮮明にしている。鋤彫を加えた高彫は彫口が鋭く図に締まりがあり、要所に加えられた金銀の色絵も精密。
保存刀装具鑑定書(松下亭派)

保存

270,000

円(税込)

大鐘に童図鐔 無銘 松下亭派
大鐘に童図鐔 無銘 松下亭派