龍透図鐔 銘 越州住赤尾甚助作

 戸時代の越前には記内と赤尾の鐔工があり、いずれも透し表現を得意とした。赤尾派の鐔工甚助は江戸時代中期の工。この鐔は、記内に似た迫力のある龍神が肉彫された大振りの造り込み。太い身体を包む鱗は荒々しく、宙を摑む手足の爪は鋭く、要所に金の布目象嵌を施し、耳には赤銅覆輪を廻らしている。

龍透図鐔 銘 越州住赤尾甚助作