top of page

龍杖采配図笄 無銘 後藤(桃山)

 後藤家の図柄の中でも異色の龍杖をモチーフにした笄。龍の顔は這龍などの後藤の龍のそれと変わらない意匠とされ、地彫鋤下げの彫口や角の三角鏨、さらにウットリに見えるほどの厚い金を蝋付していることなどをから後藤宗家七代顕乗の時代の作と鑑せられる。龍杖に采配という無骨なものを主題にしているにも関わらず、赤銅に金・銀の色金のコントラストなど全体からは非常に洗練された雰囲気を発しており、気品に溢れている。

龍杖采配図笄 無銘 後藤(桃山)
bottom of page