鼓図小柄 無銘 古金工

 室町時代の金工の系流は、後藤家を別としてほとんどが判明していない。にもかかわらず本作は彫技鋭く、古調でおおらか、画面からはみ出さんばかりの大きな画面構成とし、武骨で迫力がある。実用の時代を経て、腰衣に幾度となく接触したものであろう、所々に摩滅が看取され、作品に一種の風格となって表れている。赤銅魚子地に厚手の金色絵が濃厚な色調と光沢を放ち、未だ銘を刻する習慣のない時代、工名すら詳らかでないものの、時代一流の名工の手になる優品である。

鼓図小柄 無銘 古金工