top of page

黒石目地四段垂紺絲縅切耳仕立烈勢面頬

 鉄地に漆塗を施した烈勢面。打ち皺を厳しく仕立て、顎を鋭利に叩き出し、鼻髭、承槳(唇の下の髭)を貯え威嚇効果を高めている。大きく張った掛け外し式の鼻も迫力横溢。耳は特徴的な切耳仕立てとし、顎には汗流しと緒便を備えている。四段の垂は鉄錆地とし、菱縫と畝目を裾板に施し、裏側は朱漆塗に仕立てられ、全体的に丁寧な仕事が見て取れる。面頬本体の漆には時代相応の割れがみられるが、鑑賞の妨げとはならない。

黒石目地四段垂紺絲縅切耳仕立烈勢面頬
bottom of page