黒漆塗六枚張置手拭兜 附 釘抜前立

 頭頂部の矧板が手拭を置いたように見えることから置手拭形兜と呼ばれる変り兜。矧板を相互に鋲留めして兜鉢状に仕立てる横矧の構造で、主として紀州雑賀にて発展した様式。置手拭形兜は矧板の湾曲が越中形兜や日根野形兜に比べて平坦で、頭高が低く構成されている。これは、越中形や日根野形のような腰巻板のない、三枚張の兜を基礎として製作された為である。高級武将が着用する最高級品としての名声を博した春田派の阿古陀形兜は応仁の乱以降の戦闘様式の変化に伴い徐々に衰退していくこととなる。こうした事態に直面した春田派の諸工が、その製作を縮小し、筋兜や頭形兜を製作するようになり、新天地を求めて紀州雑賀に移住した一部の工人と共に、新機軸の兜を開発した結果生まれたのが置手拭形兜ということになろう。

黒漆塗六枚張置手拭兜 附 釘抜前立