黄石公張良図目貫 無銘 後藤

 張良は蕭何、韓信と共に漢の三傑とされ、劉邦による統一を助けた軍師。そのまだ若き頃、黄石公から太公望の兵法書を授かり、大成への道を歩み始めた。石公との出会いでは、見知らぬ相手に対する用心深さ、その能力を探りだすための観察力、そして相手との約束の重要さを学んだという。後藤家の作品には、このような古典の教えが秘められている。時代の上がる金無垢造りのこの目貫は、桃山頃の豪壮さと華麗さが感じられる出来。ふっくらと量感があり、細部まで彫口が精巧。

黄石公張良図目貫 無銘 後藤