鶴亀透図鐔 無銘 正阿弥

 蓬莱島に棲むという鶴と亀を巴状に構成した、優れた意匠の鐔。鉄鐔の歴史を語る上では避けて通れない正阿弥派の作。室町時代の京に興ったと考えられる鐔工正阿弥派は、鍛え強い鉄地に雅趣ある文様を透かした実戦鐔を製作しており、装飾性と操作性に優れ、その流れは後に各地に移住して御国柄を示す作風を生み出すに至った。奇麗な彫口で厳格さも窺えるこの鐔は、伝統を守り続けた京の正阿弥派の作。

鶴亀透図鐔 無銘 正阿弥