top of page

鶴亀図透鐔 銘 武州住赤坂彦十郎忠時

 引き締まった竪丸形の地鉄は厚手で茎櫃穴や透に合わせ鍛えの痕跡を見せる。蓑亀の蓑がそのまま鶴の翼に繋がり、互いの顔が対称の位置にある鶴と亀は阿吽の吉相。半月型になった鶴の目が微笑みを湛えているように見える。左右に大きくとられた空間は巴を形作って陰陽を暗示している。長寿のシンボルである吉祥文の鶴亀透。朗らかで生命力に満ちた作である。

鶴亀図透鐔 銘 武州住赤坂彦十郎忠時
bottom of page