鶴丸花桐透図鐔 無銘 古正阿弥

 古い鉄鐔の魅力は、素材が持つ風合いに極まる。もちろん古調な図柄も感動を誘うが、渋く落ち着いた錆、ねっとりとした質感は如何なる鍛えによって生み出されたものであろうか、その不思議さも大きな魅力となっており、本作はその典型。図柄は桐樹に巣籠りする鶴だが、鶴は家紋を想わせる意匠。殊に鉄色黒く、小さな粒状と細い筋状の鉄骨が所々に現れ、軽やかに指先を刺激する。

鶴丸花桐透図鐔 無銘 古正阿弥