駿馬図小柄 銘 紋宗乗 光理(花押)

 後藤宗家二代宗乗の作であることを、同十二代光理が極めた小柄。
 風格のある赤銅の駿馬を綺麗に揃った魚子地に据紋した作。大草原を駆け巡る姿を躍動的に捉え、大地を蹴る四肢、揺れる鬣、背後に靡く尻尾などをふっくらと彫り出している。赤銅の色合いも深みがあって品位高く、目玉のみ金の点象嵌。裏板の金地も落ち着いた光を放っている。

駿馬図小柄 銘 紋宗乗 光理(花押)