駒曳猿図小柄 銘 後藤俊乗(花押)

 後藤俊乗は寛乗の嫡子で、家系は幕末の一乗まで継承している。本作は、暴れる若駒とその手綱を引く猿を、正確な構図で精密に彫り描いている。漆黒の赤銅地を打って背景を省略し、くっきりと立つように山高く谷深く立体的に彫り出し、金の色絵と猿の顔にのみ素銅で色絵を施している。裏板は金の削継。

駒曳猿図小柄 銘 後藤俊乗(花押)