香道具図目貫 無銘 加賀

 香道は茶の美学に通じる高貴な文化の一つ。加賀金工は後藤家に金工の技術と表現を学び、精巧で繊細な毛彫や片切彫、平象嵌などを駆使し、雅で華やかな作風を特徴として発展した。この目貫は、金無垢地を打ち出し強くふっくらと仕立て、複雑に折り畳んだ香包の雅な飾り紙で伝統的空間美を創出した作。金地は銀を割り込んだもので渋い色調を呈し、ここに赤銅と銀の置金で加飾している。香包紙には、極細の毛彫で、蛇籠の置かれた水辺に柳の枝垂れ掛かる様子が描かれている。

香道具図目貫 無銘 加賀