top of page

鞨鼓図小柄 無銘 平田七宝

 平田道仁は、古代の装飾技術を再現するべくガラス素材の開発を突き詰めた。富嶽図を得意として多くの七宝作品を遺した道仁は、透明度の高いガラスだけでなく金の縁取りや濁りのある多彩な色合いの七宝の組み合わせからなる小柄を遺している。後の平田派の金工はさらに研究を深め、金線象嵌を図に活かした文様美を展開した。鼓は音色も華やか。その風合いを七宝で爽やかに表現したのが本作。この七宝の華やかさは工夫があってのもの。右の白い七宝の欠けた部分に、七宝の下地として金が埋め込まれているのが判る。また、左の緑色七宝の中にも小さな金が窺いとれるのは興味深い装飾技術と言えよう。

鞨鼓図小柄 無銘 平田七宝
bottom of page