雪輪笹透図鐔 無銘 尾張

 大振りで土手耳に仕立てられ、透しの隙間に繋ぎの筋を施した、鉄の接ぎ合わせからなる甲冑師の妙技が示された作。鉄色黒く、陰に透かされた大根が鐔面にすっきりと浮かび上がる構成も面白い。造り込みは環状の耳を平地と鍛着したものであろう、切羽台に比較して土手耳の際がわずかに薄手とされており、打ち込まれた相手の力を吸収するためのこの構造にも緊張感が窺える。指先で弾くとカランと乾いたように古調に響き、素材も造り込みも味わいが格別。
保存刀装具鑑定書(尾張)

雪輪笹透図鐔 無銘 尾張