雪華笹蟹図鐔 銘 城州西陣住正阿弥政徳

 室町時代より京に栄えた鐔工正阿弥派の中でも、江戸中期の元禄頃に、時代を映し出すように華やかでしかも繊細な、新趣の美観を展開したのが政徳である。この鐔の主題は沢蟹の棲む雪解けの頃の小川で、自然美の文様表現。質の良い鉄地は色合い黒く、これに溶け込むように銀で水の流れを描き、雪輪に笹は銀と色合いを異にする二色の金。さらに切り口の鋭い透かしを加えている。特筆すべきは、糸よりも細い線状の透かしによる笹葉の描写である。 

雪華笹蟹図鐔 銘 城州西陣住正阿弥政徳